この国を皆で守ろう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「気まぐれ日記」について

<<   作成日時 : 2006/05/26 10:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

気まぐれ日記」について
生まれた者は必ず死が待っている。それが早くなるか遅くなるかの違いである。人生は、長く楽しく生きたいものである。運のよい人は、どこまでも運がよく、運の悪い人は、どこまでも運が悪いものである。私は未熟児で生まされ、やせのまま、人生を過ごしてきた。妻には赤子を残したまま、先立たれ、後妻とは、うまくいかず、このまま人生を終わるのかと思えば、わびしい限りである。私は、人生の終わりに差し掛かった今、心臓病に襲われ、ほとんど毎日、寝たままである。今日もまた、朝から、胸の具合が悪く、いつ、お迎えが来るか、心細い毎日を送っている。私は過去に3回も、死ぬ目にあって、生き返っているので、死は、そんなには怖くない心理状態である。だが心のそこでは、やはり死にたくはない。一日でも長く生きながらえて、この世の、苦しみや、悲しみ、そして、喜びを味わいといと、思っている。「ありがたや 今朝も目覚めぬ 釈迦の御胸に」という句がある。私は、朝を迎えるたびに、この句を思い出し、生きて朝を迎えることができたことに、感謝して、今日一日を大事に、生きたいと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「気まぐれ日記」について この国を皆で守ろう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる