アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
この国を皆で守ろう
ブログ紹介
最近、新聞週間なるものを見たことがない。昔は「公正、中立」とかを、キャンペーンとして、書かれていたものである。ところが最近は、公正性もなく、中立性もなくなっているような気がしてらない。私は国民の生命財産を守る立場から、憲法改正賛成者である。ところがこのことに関した投稿を新聞社にすると、取り上げてくれない。取り上げてくれるのは、観念的平和論者ばかりのものである。新聞は公器であると思う。にもかかわらず、憲法改正論者ばかりの意

見ばかりを掲載するとは、はなはだしく、中立性を欠いているではないか。憲法改正賛成者の意見も、憲法改正反対者の意見も、公正に扱うべきではないか。新聞は社会に与える影響は限りなく大きなものがあると思う。各新聞社がこのような不公正な報道の姿をとったならば各新聞社は限りなく、社会を間違った方向に導いていることともなりかねない。戦争は絶対にしてはならないことは言うまでもない。だが中国が現に東シナ海でガス田を開発し、その周辺で

は日本の領土海を侵犯している。韓国は竹島を占拠したままである。中国の戦力は限りなくアメリカの戦力に近づいている。中国は700発ものミサイルを台湾や日本に照準を定めているといわれている。その弾頭のいくつかには、核が積載されていることは間違いない。北朝鮮は東京を火の海にするといっている。この現実から目をそらしてはならない。北朝鮮は、アメリカ、中国に銀行の預金を凍結され、次には日本が経済制裁をしようとしている。北朝鮮は究極

的には何をするか分かったものではない。備えあれば憂いなしと小泉さんが言った。東京にミサイルが着弾してからでは間に合わない。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
日本も弾道ミサイル及び巡航ミサイルを   10月9日
 韓国の李明博大統領が日本固有の領土である竹島に不法上陸した。日本政府は、これに対し、一応の、抗議はしたが、結果的に、痛烈な抗議は出来ずじまいであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/09 15:35
中国の横暴は、断じて許されない   10月5日
 このところ毎日のように尖閣諸島の、領海が、中国の艦船により侵犯されている。日本の巡視船は、無線で、注意を喚起し、領海の外に出るのを待つだけである。旧ソ連時代には、領空、領海を侵犯すれば、必ず、発砲するか、撃沈させたものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/05 14:13
強いリーダが革命を起すしか日本の未来はない  9月26日
 尖閣諸島は、危険な毎日が続いている。支那は、日本が尖閣諸島を盗み取ったと、馬鹿なことをいっている。国際機関が、東シナ海に、石油資源が、豊富であると発表するまでに、何故、支那は、その所属を明確にしなかったのか、摩訶不思議である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/26 11:51
強いリーターが革命を起さなければ日本の道はない  9月21日
 尖閣諸島は、日に日に緊迫の度を増している。中国には国際社会の法律を守る気はなく、私利私欲のために、行動する、わがまま身勝手な国である。尖閣諸島は日本固有の領土であり、国際的にも、認められている、日本の領土である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/21 11:15
革命を起さなければ日本は沈没する   9月17日
 東京都知事が尖閣諸島の買取を宣言したら、政府は、地権者から買い取り国有化すると言い出し、結局は国有化された。尖閣の地権者は、当初は東京都知事と、話し合いをしていたようだが、二股かけていたようで、地価の高い、政府に売り渡したようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/17 11:32
反日行為を続ける韓国とは国交断絶すべきである  8月2日
 韓国は、真の友好国であろうか。私は反日国であると思っている。竹島の占拠を続け、従軍慰安婦問題を、でっちあげ、ことあるごとに、反日姿勢を崩さない韓国は、もはや、友好国ではない。韓国の首都ソウルの日本大使館周辺が"無法地帯"になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/02 10:09
鳩山元総理の原発再稼動反対行動は政治生命を絶つ  7月21日  
 俗に「馬鹿に付ける薬はない」というたとえがある。元総理の鳩山は、どこまで馬鹿なのか計り知れないものがある。これは、体質的問題で、一生直らないであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/21 14:45
非国民、丹羽大使は解任すべきである   7月16日 
 日本の大使が、支那に組みするような発言をしてよいのだろうか。このような大使は解任すべきである。政府は、東京都による尖閣諸島購入計画を批判した丹羽宇一郎駐中国大使を帰国させ、報告を求める異例の措置をとりながら更迭せずに帰任を許した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/16 08:50
尖閣諸島を支那の自由にさせてはならない   7月15日
 支那や、ロシアは、国際常識に、欠けた国である。欲しいものは、強引に、入手する、国々である。中国政府の船による尖閣諸島周辺での領海侵犯は目に余る。日本は、外交を通じて中国に自制を促すとともに挑発に対応できる体制を整えなければならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/15 08:49
福島原発事故は「人災」ではなく「事故」である   7月6日
 福島原発事故について、実地を知らない、学者の判断がおろされた。東京電力の福島第一原子力発電所事故を検証する国会の「事故調査委員会」(黒川清委員長)は5日、最終報告書を決定し、衆参両院議長に提出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/06 08:50
脱原発は人の命と、日本経済を危険にする   6月24日
 「再稼働反対」「原発なくせ」「子どもを守れ」。22日夕、約4万5千人以上の声が首相官邸前に集結した。野田内閣が関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を決めたことにたいして、撤回を求める市民たちの示威行為である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/24 09:47
韓国は真の友好国か日本は決断の時期に来ている   6月23日
 韓国は、真に友好国だろうか。私は、常々、そのように思っている。今月20日に成立した原子力規制委員会設置法の付則に、原子力の利用目的として「安全保障」の文言が盛り込まれたことに対し、韓国各紙は22日、「日本、ついに核武装の道を開いた」(朝鮮日報)など、警戒感をあらわにした記事を掲載した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/23 14:34
自衛隊の市内演習行進は正義の行進である   6月15日
 日本にある政党は、どの党でも、日本人であることは、いうまでもない。だが、日本共産党や、社民党などは、日米同盟の存在を、否定し、国民の生命財産を、守ろうとしている自衛隊の存在さえも、否定している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/15 13:34
聞き飽きた日本共産党の話し合い解決   6月14日
 日本共産党の主張は、いつでも話し合いでとか、国際ルールによってとかの、繰り返しである。先日の北朝鮮のミサイル発射問題でも、話し合いで、解決をと、主張した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/14 11:01
寛仁さまの葬儀費用(国費)は、あまりにも高額   6月13日  
 皇族は、国民の雲の上のような存在なのだろうか。私は、皇族は、あまりにも、国民と、離れすぎた存在にあるような気がしてならない。その一例が、皇族のお墓である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/13 08:41
国会議員や国民に国を守る気はあるのだろうか  6月3日
 国会は今月21日の会期末が迫りつつあるにもかかわらず、審議が遅々として進まないのは、なぜか。それは、野田総理の、勇気と、決断力が、弱いからに、他ならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/03 20:19
改憲を急がないと日本は沈没する   5月26日
 戦後60年以上も経過しているにもかかわらず、憲法改正が、なされていないということは、国会の怠慢というほかはない。衆院憲法審査会が現行憲法の改正の必要性などについて検討をはじめたが、あきれたのは政権与党である民主党が、自らの意見を提示できなかったことだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/26 11:31
法の下に平等でない労作性狭心症   5月25日
 憲法第14条に、次のように、書かれている。「すべて国民は、法の下に、平等であって、人種、信条、性別、社会的身分、又は門地により、政治的、経済的又は、社会的関係において、差別されない」と、明記されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/25 17:44
日本のアメリカ依存は限度を決めて   4月30日
 郵政民営化は、小泉政権が、アメリカに背中を押され、進めたものである。テレビの、デジタル化も小泉政権のときに、既に、そのレールが敷かれていたものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/30 09:44
原発再稼動と和製ヒットラーの暴言    4月17日
 民主党の仙谷由人政調会長代行は16日、名古屋市で講演し、原子力発電所の再稼働について「電力なしに生活できないことは、昨年の東京電力の計画停電騒ぎで極めて明らかだ。止めた原発を一切動かさないなら、日本は集団自殺するようなことになってしまう」と述べ、国民生活の安定のために再稼働は不可欠との認識を示した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/17 06:49

続きを見る

トップへ

月別リンク

この国を皆で守ろう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる